のんのんびりびりプログラマー

のんびりプログラム関係を書いています。また日々思った事を思った時に。

こんな家計で生活はどうやっていくのか

とある家があります。

何人住んでいるかはわかりません。

どういう家庭状況なのかもわかりません。

その家計の収支になります。


月収(ボーナスなし) 40万円
ローン支払い 15万円
家計費 45万円
実家への仕送り 12万円

収入が40万円に対して
支出が72万円です。
毎月32万円の赤字になります。

これだけでも非常に苦しい家計になりますが、

ローン残高が666万円もあります。

これはもう自己破産しか
将来の道はありません。

読んでいるみなさまはお気付きだと思いますが、

今の日本の状態がこの様な状態です。

一般家庭で考えると
とてつもなく無謀な
やりくりになります。

借金を返すために
借金している状態です。

一般家庭だったらもう
自己破産の道しかありませんが、
日本は国になりますので、
自己破産なんてできません。

ではどうやっているのでしょうか。

色々と数字はありますが、
先ほどの万円を兆円にして、
毎月を年にすると
日本になります。

理由は2つあります。

《1つ目は対外黒字国》
外貨準備高は非常に高く、
他国に借金がないという事です。
ではどこに借金をしているのかという事は

《2つ目は個人資産が1400兆円》
自国の国民に借金をしていることになります。
国は国債などで、
600兆円の借金をしていますが、
国民は1400兆円もっています。

家庭に置き換えると、
旦那さんが6000万借金があるけど、
奥さんのお義父さんは1.4億円持っている
となります。
最悪の場合はお義父さんに土下座して
6000万の借金を代わりに返済貰えるんです。

日本も同じです。
日本国が国民に借金を肩代わりさせれば
この莫大な借金は帳消しにできます。

だからまだ日本は存続できるんです。
国債を発行したら
信用度は高いので売れます。
最近はマイナス金利になったので、
国債を買う必要性は減りましたけど。
以前まででしたら、
減る事はなく元本保証されているため、
株などの投資より断然優れていました。
企業や銀行などの投資にとって、
買うにはうってつけの投資先です。

ちょっとわかりにくい、
日本の会計を
一般家庭に置き換えてみると
面白くないですか?

経済って実は楽しいんですよ。

プログラミング言語でどれを勉強すればいいのか

色々な言語がありますね。

C、C+、C++C#
JavaJavaScript
JSPCOBOL、swift

もう色々な言語があり過ぎて
わからないですよね。

SEは全部の言語を知っているのか?

そんな事はありません。

基本的に1つの言語を身に付けて
それを仕事にします。

私の場合でしたら
メインの言語はJavaになります。

ではSIerの会社では
同じ言語をずっと使っていけるのでしょうか。

答えはNoです。

もちろん案件によって使う言語は異なります。
1つの案件に長くいたら
その言語しか使いません。
しかし、色々な案件を渡り歩くので、
違う言語に出会ってしまいます。

また1から勉強し直しかと思いますが、
そんな事はありません。

1つの言語をマスターすれば、
2つ目の言語は割と使えます。
ちょっとググれば出来てしまいます。

基本的な事は似ているので、
そんなに難しい事ではありません。

だからこそ最初に勉強する言語は
汎用性の高い言語がいいと思います。

今の時代はオブジェクト指向がほとんどだと思います。
このオブジェクト指向を理解する事が大事であり、
わからないとイマイチなコードになってしまいます。
私もまだなんとなくでしか理解できていません。

先程も書きましたが、
私のメイン言語はJavaになります。
そして今使っている言語はC#になります。
両方ともオブジェクト指向の言語であり、
とても似ていて楽でした。

皆さんもどれか自分の強みである言語を
一つ持ってみてはいかがでしょうか。

転職で年収アップしたい方へ

皆さん転職活動をするにあたり
重要視する事って何ですか?

人それぞれ色々とあると思います。

その中でも多くの人が望んでいるのは

年収アップ

じゃないでしょうか?

私はとにかく年収アップしか考えていませんでした。

ネットでも年収アップするには
って言う記事などよくありますよね。
私もたくさん読みました。

その読んだ中で重要だと
思った内容をピックアップして
まとめました。


《1.より上流の会社に行く》
私はSIer企業出身でした。
しかも2次請けメインです。
2次請けとは1次請けの会社が貰った仕事の
設計や開発をする事を言います。

1次請けで100万円の仕事があるとします。
それを70万円で2次請け企業に委託します。
1次請けは管理のみをして30万円の収益となります。
実際に開発などをするのは2次請け企業ですが、
70万円に下がってしまいます。

間のマージン料が入るため、
下に行けば行くほど金額が下がっていきます。
3次、4次請けなどもあります。

だからこそ
上の企業に入れば
より多くのお金が貰えます。

順番に言うと
事業会社:仕事を発注する会社
1次請け:最初に仕事を受ける会社
2次請け:その次に仕事を受ける会社
以下同じ

1次請けの会社に行く事で
年収はアップします。

仕事の内容も大幅に変わってきます。

1次請けはマネジメントがメインになり、
2次請けは開発がメインになります。

上に行くためには
開発スキルをひたすら高めても
上がる事はできません。
マネジメントができなければいけません。
もちろん開発スキルはあるに越した事はありませんが。

だからこそ私は伝えたいです。

上の会社に行く事は非常に難しいです。
身に付けるスキルが全く異なるからです。
2次請け企業でスキルを付けても、
1次請け企業で必要とされるスキルではありません。

ではどうやって上の会社に上がるのか

若い内に限ります。

新卒の就活で失敗した方には
もう一度チャンスがあります。

今よく言われている
第二新卒枠です。
だいたいが3年目までを指します。

第二新卒枠はポテンシャル採用であり、
即戦力はあまり求められません。

新卒で入った会社で今後の人生の7割方は
決まってしまうと思います。
残りの2割は第二新卒で決まり。
残りの1割はレアケースです。

私は2次請け会社から事業会社に転職しました。
仕事を受ける立場から
仕事を依頼する逆の立場になりました。


《2.1つの事を極める》
1つの事を極めるとは
なかなか難しいことです。
極める事は何でもいいです。
SIerなら1つの言語、
もしくはORACLEのDBなどの製品でも。
この1つを極める事ができれば、
それだけで食べて行けます。

あれもこれもではなく1つです。

1つができればそれに付随するものは
ある程度わかるようになります。

絶対にニーズはあり、
欲しい企業は必ずあります。

自分の武器になる物を1つ作りましょう。


《3.現職の年収》
面接で必ず現職の年収を聞かれます。
なぜ聞くのかと言うと、
その年収から考えて入社時の年収を
決めるからです。

だからこそ盛れる所はガッツリ盛りましょう。
特に福利厚生は。

年収は400万円です。
それに福利厚生(100万)が付いています。

よりも

年収は500万円です。
この年収は福利厚生込みになります。

嘘はいけませんが、
入れられるものは必ず入れましょう。

この人は年収500万だから入社したら
550万円かな。
この人は年収400万だから入社したら
500万円かな。

となります。


ここで1つ注意する事があります。

年収が上がれば上がるほど
仕事の内容は大変になります。
500万円の人と800万円の人が
同じ仕事をしているわけはありません。

800万円の人の方が大変な仕事になります。

期待される事もとても大きいです。

ただガムシャラに年収アップを目指して
内定を貰ったとしても
入った後で期待に沿えなかった時は
転職しなければよかったと後悔してしまいます。

自分の実力に合った年収アップを目指し
転職活動に望みましょう。

転職にも足切りは存在してる

新卒同様に足切りは存在します。

新卒の場合は主に学歴だと思います。

転職者の場合は職歴になります。

私は金融業界のSEを目指して転職していました。
応募内容は
・銀行のシステムをやっていた
・証券のシステムをやっていた
・リーダー業をやっていた
こんなのばっかでした。

入りたい企業はだいたい
そのシステム経験者になります。

私は金融業界のシステムはやってきておらず、
応募すらできませんでした。

プログラミングのスキルはさほど
求められません。
システムをやっているか、
やっていないかだけです。

一応応募はしましたが、
こういう企業は書類落ちしました。

SEで違う業界のシステムをやりたいと思っても
なかなか難しいのが現状です。
できれば社内でやりたい業界のシステムを
数ヶ月でいいから経験してからの
転職がいいと思います。

私は3年目とまだ社会人歴が浅いので
ポテンシャル採用枠で
採用してもらえました。

金融知識0で金融業界に入りました。

その場合は入ってからが
とても大変になります。

半年前ですと日経平均も非常に高く、
各企業に力があり、
採用をどんどんして行こうとしていました。
ですので、私はラッキーでした。

景気がいい時に転職するのも1つの手になります。

転職活動って意外と簡単

転職活動は自分で動き出さなきゃ始まらないです。

日々の仕事をしながら、
転職活動をします。

仕事が終わってから、
土日を使って活動します。

ステップとしては
1.エージェントに登録する
2.履歴書、職務履歴書を書く
3.希望企業に応募する
4.面接する
5.内定
6.現職での引き継ぎ
7.入社
となります。

ステップは意外と長いです。
順番に説明していきます。

《1.エージェントに登録する》
転職は必ずしもエージェントに
登録する必要はありません。
でも登録した方が断然に活動しやすいです。

私たち転職希望者はエージェントの
使用料は無料です。
無料ですが、転職活動の全てで面倒を見てくれます。
履歴書の添削、企業の紹介、応募、
面接日程の調整などなど
転職者と企業の間の調整ごとを全てやってくれます。

私は絶対に登録した方がいいと思います。

履歴書、職務履歴書を添削してもらえた事が1番嬉しかったです。
プロに添削してもらい、
よりよい文章にできたので、
その後の面接での自己PRでも
スラスラと話す事ができました。

また面接の日程の調整が楽でした。
仕事をしながらですので、
なかなか日程をつけずらかったです。
間に入ってもらう事で
スムーズに調整ができました。

転職希望者は絶対に登録する事を勧めます。


《2.履歴書、職務履歴書を書く》
応募の際に企業に提出する
履歴書と職務履歴書を書きます。

履歴書は本当に簡単な履歴を書きます。

職務履歴書はどんな仕事をしてきたのかを書きます。
これはフォーマットがないので、
自由に書く事ができます。
私は職歴が浅かったので、
時系列で書きました。
ここに自己PRなどを記載します。

自分がこんな仕事していたと再実感でき、
自己PRのネタが増えました。

《3.希望企業に応募する》
エージェントからはどんどん
企業を紹介されます。
その中でいいなと思った企業を応募します。
エージェントは何個も応募しろと言ってきますが、
自分のペースで構いません。
1度に多くの企業を応募すると、
もし面接になってしまった時に、
なかなか予定を組む事が難しくなります。

エージェントを使うのは無料と話しましたが、
ではどこでエージェントは利益を出しているのか、
それは転職者が内定を取り入社した時に
企業からエージェントに支払われます。
規模的に転職先の年収の1/3くらいです。

このことからエージェントはより早く
転職者には内定をゲットさせて
入社させようとします。
時には転職者に合致していない会社でも
勧める時があります。

エージェントは私たちがどの会社に入っても同じだからです。
できる限り年収の高い企業に入社してもらいたいくらいです。

現在の年収が400万の場合
6ヶ月で600万の会社に入るよりも、
1ヶ月で400万の会社に入ってもらった方が嬉しいです。
短期間で利益を出せる事になります。

私の場合は転職活動から入社まで半年かかりました。
長くのんびりって感じです。


《4.面接する》
面接では自己紹介、自己PRなどと
基本的な質問が多かったです。
後は軽く質問されるくらいです。
新卒のように動物に例えると
みたいな無駄な質問はありません。

多くの企業は
1次面接、最終面接の
2回しかないです。

《5.内定》
最終面接に受かると無事合格となります。


《6.現職での引き継ぎ》
いつ退職するかの調整を行います。
内定先は基本的にできる限り早く、
現職はできる限り長くですので、
基本的に難航します。
だいたいが1〜2ヶ月で退職になります。

私はここが1番しんどかったです。
忙しく有休を消化できずに、
最後まで忙しく仕事をして終わりました。


《7.入社》
ここからがスタートになります。
内定がゴールではありません。


転職活動はこんな感じになります。
私が言いたい事は2つ
・エージェントを活用する
・自分のペースで転職活動する
です。

皆様も是非活用してみてはいかがでしょうか。

【仮想通貨】初取引をした REP & XRP

ついに仮想通貨を購入してしまいました。

さっき入金してきて、
今仮想通貨の購入完了です。

前回のブログを読んでもらえれば
少額なのはわかりますが、
それでも初仮想通貨の購入でうす。

【仮想通貨】coincheckに円を入金 - のんのんびりびりプログラマー

では何を買ったのかと言いますと、

  • REP(Augur)
  • XRP(Ripple)


f:id:shiganaise:20170724235350p:plain

まだこんな感じです。

これがどこまで成長してくれるのか

どこまで暴落するのか

買った理由としては

  • REP(Augur)

チャートを見てこれからまだ上がると踏みました

  • XRP(Ripple)

比較的安く、大量のコインをゲットできるためです。

実はXEMも買いたかったんですが、
チャートを見てみるといまいちな感じがしたので、
買うのはチャートがもうちょっとよくなってからです。

買った感想は思いの外簡単に変えました。

クリックひとつで簡単にできます。

このIT時代は凄いですね。

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【仮想通貨】coincheckに円を入金

ついにさっき円の入金をコンビニでしてきました。

とりあえず入金金額は

20,000円

f:id:shiganaise:20170724231740p:plain

見ての通り入金した取引所は

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


どうなることやら。

ファミマでファミポートを使って簡単に入金ができました。

coincheckには優しくやり方が書いてありました。

手数料は756円

意外と高くてショック

もっと大きく入れても756円

もう少し多く入金したかったけど、
今回はこれくらいで様子見ということで。

ではどの仮想通貨を買おうか

coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で