読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiganaiseの日記

とある企業でSEをやっており、家庭でもプログラミングやるための方法を書いています。

【就活】志望動機が見つからないあなたへ

就活

私も就活時には志望動機がなかなか言いづらかったです。

そもそも志望動機なんてない。

働き口さえあって、変な会社じゃなきゃいいや

って思いだった。

やりたい事も対してない。

だから心に響く志望動機が言えなかった。

 

就活本を読んでいると

自己分析をして

やりたい事を見つけよう

 

って書いてある。

そもそもやりたい事がない場合の解決策はない。

 

だから私は就活で何社も最終まで行って

そこでお祈りされていました。

 

就活生の皆さんも同じような方がいるかと思います。

 

就活はあくまで素の自分を出すのではなく、

偽りの自分を演じるのでいいんです。

 

やりたい事がないなら

やりたい事を作ればいい。

 

その会社に合ったやりたい事を

 

社会人で働いている人でも

やりたい事がある人なんてあんまりいません。

それなのに就活の数ヶ月で

人生でやりたい事なんて見つかる事なんてありません。

もし合ったとしてもその時だけのものです。

みんな偽って演じているだけです。

 

そんな考え込まずにいいんです。

 

でもある程度は自己分析が必要になります。

それはやりたい事ではなく、

やりたくない事を考えることです。

 

私なら営業には向いてないから

営業職はやりたくない。

連休が欲しいからサービス業、

シフト制のところは嫌だ。

研究職は成果を出すのがしんどいから嫌だ。

 

などなどやりたい事ではなく、

やりたくない事から潰して行って、

残った事がやってもいいかなと言う事になります。

そのあとはその会社にもし入ったら

少しはやってみたいかなって事を見つけ、

見つけたらそれを私は本当にやりたかっです。

って言えるように演じるだけです。

 

最後にみんな就活時はこれがしたい。

私はこれしかしたくないって人がいますが、

そんな人も入社数年で

やりたい事が新しく見つかったからって

辞めちゃうんです。

 

やりたい事なんてあってないようなもの。

だから深く考えずに

やりたくない事を考えてみてください。