のんのんびりびりプログラマー

のんびりプログラム関係を書いています。また日々思った事を思った時に。

ヒアリで日本は大変だが、海外ではワカメで大変

今は日本でヒアリで大変な事になっています。

ヒアリは毒を持っていて、

刺されると最悪の場合死んでしまいます。

 

とっても怖いですよね。

 

このような外来種が日本にやってきて

猛威を振るっています。

 

ですが、もちろんその逆もあります。

 

日本固有の物が海外にいってしまい

海外で外来種として猛威をふるうものが

 

それは

 

ワカメ

 

です。


【世界の侵略的外来種ワースト100】

にもノミネートされています。

 

えっ?と思うかもしれません。

ワカメなんて食べればいいじゃん。

ワカメ美味しいじゃん

とかとか

 

外人は基本的にワカメは食べないらしいです。

正確に言うとワカメを消化する酵素を持っていないんです。

だからいくらワカメが増えても邪魔な海藻でしかありません。

 

このワカメが海を覆ってしまって

生態系を崩してしまっているのです。

 

海外の漁師は非常に困っているらしいです。

 

ではなぜワカメが海外にいってしまったのかと言うと

 

輸入や輸出をする船の重量を調節する

海水タンク内にワカメの胞子が入ってしまい

それが海外で放出されたためです。

 

海は繋がっているので

ワカメの胞子が泳いでいったのではなく

人工的に海外に持って行ってしまったのです。

 

日本だけが困っているのではなく、

世界的に外来種には困っています。

 

私たち日本人には普通の事でも

海外では猛威になります。

 

調べてみると意外な物があり興味を引かれました。

是非皆さんも調べてみてください。