のんのんびりびりプログラマー

のんびりプログラム関係を書いています。また日々思った事を思った時に。

ChatBotのAI化に向けてLUISを使ってみる③

前回までのブログでLUISのアカウント作成と

IntentsとEntitiesの登録をしました。

 

まだの方は下記を参考にしてください。

【LUISアカウント作成】

ChatBotのAI化に向けてLUISを使ってみる① - のんのんびりびりプログラマー

 

【IntensとEntitiesの登録】

ChatBotのAI化に向けてLUISを使ってみる② - のんのんびりびりプログラマー


 

ではいよいよ作成したLUISでテストをしてみます。

【Train&Test】→【Train Application】

をクリックすると下記のページに遷移します。

赤枠で囲った【Type a test utterance & press Enter】に文章を入力します。

 

f:id:shiganaise:20170717013558p:plain

 

【東京駅に車で行きたい】と入力して【Enter】

 

f:id:shiganaise:20170717014302p:plain

 

想定通りにIntentsとEntitiesが出てきました。

 

f:id:shiganaise:20170717014356p:plain

 

もっと試してみます。

 

f:id:shiganaise:20170717014630p:plain

 

やはり学習が足らないのかIntentsは上手く行きますが、

Entitiesが上手くできません。

この場合は【Intents】に例文を追加し【Entities】との紐付けを追加します。

 

とりあえずこのくらい追加してみました。合計11個です。

Entitiesも【経由点】を追加しました。

 

f:id:shiganaise:20170717015253p:plain

f:id:shiganaise:20170717015355p:plain

 

ではもう一度テストをしてみます。

まだいまいちですね。。。

どれだけ登録すればいいのか。。。

 

f:id:shiganaise:20170717015634p:plain

 

とりあえずいっぱい登録してみました。

34個ほど・・・

 

では次のブログでいよいよBotApplicationに入れて動かしてみます。

 

この続きは以下に書いています。

************************************************************************************************* 

【ChatBotに入れる】

ChatBotのAI化に向けてLUISを使ってみる④ - のんのんびりびりプログラマー

 

下記はVisualStudio2017でのBotFrameworkのインストールと使い方のリンクです。

*************************************************************************************************

【ダウンロード編】

Visual Studio2017でBot Frameworkをやってみる① - のんのんびりびりプログラマー

【ダウンロード編】

Visual Studio2017でBot Frameworkをやってみる② - のんのんびりびりプログラマー

【起動編】

Visual Studio2017でBot Frameworkをやってみる③ - のんのんびりびりプログラマー