のんのんびりびりプログラマー

のんびりプログラム関係を書いています。また日々思った事を思った時に。

【転職】人材紹介企業はどこから収入を得ている?

前回のブログで私は転職活動で

リクルートエージェントを利用し

転職活動をしたと書きました。

 

私はエージェントのおかげで

非常にスムーズに転職ができました。

 

エージェントがいなければ

転職すら難しかったと思います。

 

宣伝をしているのではなく

あくまで感想です。

 

エージェントの利用には私は1円も払っていません。

全て無料で利用していました。

 

エージェントにやってもらった内容は

・応募企業のリストアップ

・職務履歴書の添削

・履歴書の添削

・合否の連絡

・企業との面接日程の調整

企業とのやりとりは全てエージェント経由でした。

初出勤の日までエージェント経由でした。

 

ここまでのサービスを受けても

私は無料で利用できました。

 

ではどこからお金を得ているのか。

 

それは私でなければもちろん転職先の企業となります。

掲載料は無料で内定し無事入社が決まったら

転職先からエージェントにお金を払います。

だいたい年収の3割くらいらしいです。

 

だからエージェントの仕事はあくまで

転職したい人をどこかの企業に入社させることです。

入社させさえすればお金が発生します。

人材と企業のマッチよりも入社させることが必要になります。

だから半年かかって入社が決まる人よりも、

1ヶ月でスパッと決まる人の方が

エージェントにしたらいい人材になります。

そのためどの企業でもいいから

少しでも気になったら応募させようとしてきます。

早く決まればその分他の人の相手ができるからです。

 

その事をよく理解していないと

言われた企業に応募して内定もらって入社しても、

自分とマッチしていないってことがあり得ます。

本当に入りたい企業か取捨選択する必要があります。

急かされても焦る必要はありません。

ただ応募企業もだいたい1〜2採用となるので、

その人数がゲットできれば採用終了となるので

いい企業が見つかったら急ぐ必要があります。

 

エージェント曰く、

内定をゲットした人の5割くらいかは

新しく応募に出した日に応募ボタンクリックした人だそうです。

本当かはよく知らないですが。

 

エージェントは私達と共に戦ってはいますが、

目的は違います。

 

【私達】

自分にマッチする企業

 

【エージェント】

給与が多い企業

 

入社さえしてしまえばその後はあまり関係ありません。

あまり酷い人材を紹介しない限り

その企業との仕事が切れることはないからです。

離職率の多い企業に入れても入ってしまえば

お金が貰えるのでOKです。

私達は次はそんなすぐに辞めるつもりでは

入らないので離職率は低い方が嬉しいですからね。

 

だからこそ自分のやりたい事、

転職の軸、

何を最優先させるか、

をちゃんと持つ必要があります。

 

私はある程度持っていたので、

どっしり構えて企業選びが

自分本位でできました。

もちろんエージェントの方の協力なしでは

転職できませんでしたし。

 

仕事が忙しかったので

なかなか面接日程を決められないので

よく今週か来週の空いてる日で面接

とメールが来ますが、

普通のサラリーマンにとって

平日をそんな気軽に休めるわけありません。

私が直接企業と連絡してたら

あんまり志望度が高くないのかなと思われるかもしれませんが

エージェントが入る事により

そのような印象を多少なりとも減らせます。

こちらもそんな悩む必要なく

その日は無理と言えます。

またせっかく休むんだから

1日に2社面接できるように調整だってしてくれます。

こーゆー面で非常に心強いですね。

 

私がもし次転職する機会があれば

またエージェントに登録して

力を借りたいと思います。