のんのんびりびりプログラマー

のんびりプログラム関係を書いています。また日々思った事を思った時に。

こんな家計で生活はどうやっていくのか

とある家があります。

何人住んでいるかはわかりません。

どういう家庭状況なのかもわかりません。

その家計の収支になります。


月収(ボーナスなし) 40万円
ローン支払い 15万円
家計費 45万円
実家への仕送り 12万円

収入が40万円に対して
支出が72万円です。
毎月32万円の赤字になります。

これだけでも非常に苦しい家計になりますが、

ローン残高が666万円もあります。

これはもう自己破産しか
将来の道はありません。

読んでいるみなさまはお気付きだと思いますが、

今の日本の状態がこの様な状態です。

一般家庭で考えると
とてつもなく無謀な
やりくりになります。

借金を返すために
借金している状態です。

一般家庭だったらもう
自己破産の道しかありませんが、
日本は国になりますので、
自己破産なんてできません。

ではどうやっているのでしょうか。

色々と数字はありますが、
先ほどの万円を兆円にして、
毎月を年にすると
日本になります。

理由は2つあります。

《1つ目は対外黒字国》
外貨準備高は非常に高く、
他国に借金がないという事です。
ではどこに借金をしているのかという事は

《2つ目は個人資産が1400兆円》
自国の国民に借金をしていることになります。
国は国債などで、
600兆円の借金をしていますが、
国民は1400兆円もっています。

家庭に置き換えると、
旦那さんが6000万借金があるけど、
奥さんのお義父さんは1.4億円持っている
となります。
最悪の場合はお義父さんに土下座して
6000万の借金を代わりに返済貰えるんです。

日本も同じです。
日本国が国民に借金を肩代わりさせれば
この莫大な借金は帳消しにできます。

だからまだ日本は存続できるんです。
国債を発行したら
信用度は高いので売れます。
最近はマイナス金利になったので、
国債を買う必要性は減りましたけど。
以前まででしたら、
減る事はなく元本保証されているため、
株などの投資より断然優れていました。
企業や銀行などの投資にとって、
買うにはうってつけの投資先です。

ちょっとわかりにくい、
日本の会計を
一般家庭に置き換えてみると
面白くないですか?

経済って実は楽しいんですよ。